適正な価格改定の方法とは?

ども!ハジオです!d(`ゝc_・´)゚

昨日試した点鼻薬が効きすぎて鼻が痛いですけど凄い効果です!

さらに花粉注射もすれば完璧ですね!

「花粉症が酷くて実店舗せどりとかやってらんない!」って人にはオススメです!

最近は仕入れについての話がメインだったので、
今回は価格改定の転売スタイルの話をしようかと。

関連記事:【中古せどり編】電脳せどりで狙うべき商品の条件は?

せどりにおける価格改定とは??

価格改定とはせどりで仕入れリサーチと同等で売れるために重要な作業になります。出品した商品にはだいたいが他の出品者がいます。

dq
Amazonは商品のコンディションがあるものの基本的には価格が安い順に商品が売れてきます。なので最安値か2番安を狙って出品者は出品価格を操作します。これが価格改定。

価格改定をしっかりしていないとライバル出品者に取り残される形になり、いくら売れる商品を仕入れてもなかなか売れず、新規出品者にも先越されてしまいます。

価格改定の自動化

さて、価格改定ですが、1商品2商品なら問題ありませんが大量の商品になるとそうはいきません。

この辺は、大抵のせどらーの方はせどりツールを利用しているんじゃないでしょうか。

1つ1つ手動で変更するのは時間がもったいないですからね。
価格改定みたいな作業は自動化した方が良いです。

価格改定自体しない主義の方もいるみたいですが。



一般的に知られている価格改定方法は、以下の通り。
・同じコンディション(中古・新品・コレクター)内で適正価格に・同じサブコンディション(中古-ほぼ新品、中古-非常に良い、等)内で適正価格に

・FBA内で適正価格に


価格競争は結果的にマイナスにしかならない

せどり価格改定ツールに否定的な方の話で、

「たくさんのユーザーが価格改定を繰り返すと相場破壊を引き起こして逆に売れなくなる」

というのをたまに聞きます。

実際、せどりツールのユーザーで、

「最安値がすぐに下がってしまって、赤字になってしまう」というせどらーもいます。



実はコレ、せどり価格改定ツールの利用方法の悪い例です(笑

相場破壊を引き起こすのは、ツールで「最安値価格の-〇円」という設定をしているからです!

せどらー全員が-1円とか-50円とかで価格改定すれば、
すぐに値下がりしてしまうのは当然なんですよ。

出品人数が3,4人程度の商品ならまだしも、
ライバルの多い商品でそれをやってしまうと、最悪の場合、赤字商品になります。

最安値=適正価格 とは、一概に言えないという事ですね。

これは、利益の出る商品が売れない商品になってしまう典型的な失敗例なので、
自身のせどり転売利益のためにも、止めた方が良いです!

目指すべき価格改定

では、どういう価格改定方法が良いのか・・・

理想的なのは、現在の最安値価格と同じ価格にする事です。

例えばですが、「中古-ほぼ新品」の商品ならそのサブコンディション内での最安値と同じ価格にして、
不良在庫になりそうだったら「中古」内での最安値と同価格にする、といった感じです。

出品評価に自信があるようなら、むしろ少し高めに設定しても良いかもしれません。

せどらーが増え続ける今、「少しでも安く出品して買ってもらう」という方法では利益が出なくなりつつあります。

むしろ、コンディション説明文を工夫する等、「少しでも高く売れる」方法を見つけていく事の方が
ずっと重要なんじゃないか、と思うこの頃です。

まとめ

今回は価格改定について話していきました。価格改定は自分の商品を早く売るためにせどりにおいて重要作業になります。

価格改定を怠っているとライバル出品者にどんどん先を越されてしまいます。また、これより怖いのが価格競争による価格破壊です。

こうなると一気に出品価格が安くなってしまい、赤字の危険性が高くなります。

せどりで在庫を抱え込むのは最もよくない状況です。価格が値上がりすることもありますが、下がる危険性を考えると価格改定をしっかり行い、商品の回転率を上げていくことを考えるほうがいいと思います。

そういう意味では今回紹介したせどりキングなどのツールを使って価格改定を自動化することはせどりの利益アップにもつながってくるはずです。

関連記事:せどりキングをせどりツールの中でオススメする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加