せどり・転売における仕入れのテクニック「刈り取り」とは?

今回は、せどり転売における仕入れの小技についてご説明します!

MAX87_guragurasuru20140531_TP_V
例えば、電脳せどりで、Amazonランキングが高く、新品出品者なしで、中古出品者も数人しかいないような
優良商品を見つけた!・・・けど仕入れ先が見つからなかった・・・・

という経験は誰しもあるかと思います。

実店舗せどりはまだしも、電脳せどりでは、
最近は大手ネットショップでの仕入れが難しくなってきていますからね。特に最近はネットショップもAmazon価格相場に合わせてきています。これは実店舗でも同じでブックオフもヤフオクなどネットショップへの出品が増えています。

大型せどらーは、ネットショップの在庫更新時間を調査して
その時間に仕入れるという方法を取ったりしているのですが・・・

副業としてせどり転売に取り組まれている方には少々酷かと思います()´д`()

そこで今回は、お宝商品を高確率で仕入れるせどり転売テクニック「刈り取り」を紹介します!

その方法とは・・・Amazon自体を仕入れ先にするというものです!

刈り取りせどりとは…

「刈り取り」というのはつまり、
Amazonで商品を購入して、その商品を高値でまた出品するという事です。

仕入れも出品もAmazonなんてなかなかクレバーです。

最安値の商品を刈り取るワケですね。

karitori
Amazonでは、1人だけ相場より極端に低い価格を付けている出品者がいる商品があります。

上記の画像は極端な例ですけどね。

稀に、1000円が相場なのに1円出品しているようなせどらーもいます。

(※送料ビジネスと呼ばれる手法をとっている方の可能性があります)

そういった出品者がいるのであれば、
その最安値出品者の商品をこちらで仕入れて相場価格で出品すれば、
「相場価格-最安値」が利益となるという事です。

効率的な刈り取りせどり方法

ただ、こういった商品を探すのはかなり骨の折れる作業です。

こういった商品は出品者の多い商品でよく見られるケースなので、
出品者の少ないようなプレミアム商品ではほぼ見られないでしょう。

そこで、もっと簡単な刈り取り方法があります!

それは・・・

相場から極端に離れた商品を探すのではなく、
相場価格の最安値を仕入れて、相場より少し高めでFBA出品するという方法です!



FBAは、Amazon倉庫に商品を預けて、Amazonに商品を送ってもらうサービス。

Amazon発送という安心感と迅速に届く信頼があるため、
自己発送商品よりも高めに値付けしても高確率で売れるんです。

特に、自分しかFBA出品者がいない時の回転率は相当なものですよ!



それを利用して、刈り取りを行います。

FBA出品者のいないプレミアム商品を探してみましょう!

参考までに、以下の条件で試してみます。
・Amazonランキング10万位以内・新品出品者なし

・中古最安値が定価の1500円以上

・中古出品者が1~5人

・FBA出品者なし(最悪でも1,2人)



1

※画面はせどり総合管理ツール「せどりキング」の電脳せどり機能です。



>>FBA出品者のいない商品検索対応ツール「せどりキング」はこちら





検索した商品の中で、以下の商品を参考までに開いてみます。

2


FBA出品の商品は、価格の下に「Prime」マークが付きますが、
どの出品者にもありませんね。FBA出品者のいない商品だと確認ができました。

この商品の最安値の1928円を仕入れて、
5000円代くらいでFBA出品してみましょう。

「いや、高く値付けしすぎでしょ」って思う方もいるかもしれませんが、
このくらいでも売れる見込みが高いです!

1928円(送料250円)で仕入れて、仮に5500円でFBA出品したとしたら、
5500-2178=3322円の利益になるという計算です!!


結構簡単でしょ?(v^ー°)

まとめ

ただ、刈り取りの時の注意点としては、
他出品者との衝突と避けるため、購入用のアカウントと出品アカウントは別に用意しておきましょう。

この方法なら、ネットショップで仕入れ先が見つからないという時でも、
すぐに実践できてしまいます!

少し仕入れに一工夫するだけで、利益はかなり変わってくるはずですよ!

刈り取りせどりはせどり手法の中でもちょっと特殊なもので上級者向けといえます。これを専門で行って利益を得るには上級者じゃないと難しいので、まずは『基本的な電脳仕入れなどを行い、その間で価格差ある商品があったら刈り取りを考える』というスタンスでやっていくのがいいと思います。

関連記事:【中古せどり編】電脳せどりで狙うべき商品の条件は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加